RealPath:
WebPath:
2017/09/02 11:14 (JST) 更新
MVC >>

ビュー

Contents

いわゆるページの見た目の構築を行う。

ビューはあくまでも見た目の構築のみに注力すべきであり、データベース読み書きや複雑な計算ロジック等を入れるべきではない。そのようなロジックはモデル等に分離すること。

ビューの配置場所

基本的にはプロジェクト配下の /Views/{コントローラ名}/{アクション名}.cshtml としてファイルを設置することになる。

img--250--size

ビュー例

基本的には HTML 形式でページ内容を記述する。

.cshtml という拡張子から想像される通り、HTML 構文以外にも C# (cs) 構文も扱うことができるが、これについては別ページで後述する。

 

/Views/Hello/World.cshtml
<p>World</p>